第71段神のいがき
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第71段

  昔、男が、伊勢の斎宮に、帝内の勅使として参上していたところ、その斎宮の御所で好き者の女官が、彼女自身の事として、
 
 ちはやぶる神のいがきも越えぬべし
    大宮人の見まくほしさに

      越えてはいけない神聖な垣根も、越えてしまいそうです
        都の宮中から来られた、あなたにどうしても逢いたくて

男の返し歌。
 
 恋しくは来ても見よしかしちはやぶる
   神のいさなむ道ならなくに

      本当に恋しいと思っておいでなら、ほら来て逢ってごらんなさいよ
       恋路というのは神が禁じられる、そんな道ではないのだから



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO