第72段月のうちの桂
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第73段

 昔、「その所にいる」とは聞いているけれど、消息でさえ口に出して言えない高貴な女の身のまわりを恋しく思った。

 
 目には見えて手にはとられぬ月のうちの
    桂の如き君にぞありける

       目には見えてはいるけど、手に取ることのできない、月の中にあるという
         桂のような、あなたでありました



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO