第25段逢はで寝る夜
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第25段

 昔、男がいた。逢いませんよとはっきりとは言わなかったが、いざとなったら逢ってくれない女のもとに歌をおくった。
  
秋の野に笹分けし朝の袖よりも 
    あはで寝る夜ぞひぢまさりける

      秋の野に、笹を分けて帰った朝の袖よりも
       あなたに逢わないで寝た夜のほうが、もっとぐっしょりと濡れるのです


 恋愛の好きな女は、歌を返した。
   
みるめなきわが身を浦と知らねばや
     離れなで海人の足たゆく来る

       海松布の生えていない浦や私のように、お逢いできないものとは知らないから
        毎晩毎晩藻を刈る海人が、疲れた足で通って来るのです
これは、古くから聞いて見たことよりも優れていると感じました。



原 文         解 説


ホームに戻る

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO