第 68 段


 昔、男が和泉の国に行った。住吉の郡、住吉の里、住吉の浜を行く時に、景色がとてもきれいだったので、何度も馬から降りながら進んで行った。ある人が「住吉の浜の名を込めて詠みなさい」と言った。
 
 雁鳴きて菊の花さく秋はあれど
   春のうみべに住吉の浜

         雁が鳴いて、菊の花が咲く秋は素晴らしいが
          春の海辺の住吉に住むのもよし

と詠んだので、あまりの出来栄えに他の人は詠まないことにした。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(69)
前の段 前段(67)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO