第 56 段


 昔、男が、寝ては思い起きては思い、とうとう思いあまって歌を詠んだ。
  
わが袖は草の庵にあらねども
   暮るれば露の宿りなりけり

      私の袖は、草の庵ではないけれど
       日が暮れてしまえば、露の宿となって、しっとり濡れています



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(57)
前の段 前段(55)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO