第 26 段


 昔、男が五条の辺りに住んでいた女を得られなかったと嘆いていたが、ある人の手紙の返事に詠んだ歌。

 
思ほえず袖にみなとの騒ぐかな
  もろこし舟の寄りしばかりに

      思いがけず、私の袖は、唐土の舟が寄ったときに
         港の波が騒ぐように、涙が激しく降りかかりました



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(27)
前の段 前段(25)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO