第 27 段


 昔、男が女の所に一夜だけ行って、再び行かなくなってしまったので、女は手を洗う場所でヌキスという竹簾を脇に置いたところ、タライに自分の影が映って見えたので、自分に、

 我ばかりもの思ふ人はまたもあらじと
  思へば水の下にもありけり

    私くらい、悲しい思いをしている人は、他にいないだろうと思っていたのに
     なんと水の下に、もう一人いたのでした

と詠んだのを、今まで通って来なかった男が立ち聞きして詠んだ。
  
水口にわれや見ゆらむ蛙さへ
  水の下にてもろ声に鳴く

     水口に私が見えるでしょうか、蛙でさえ
      水の下で声を合わせて、鳴くのですよ




原 文         解説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(28)
前の段 前段(26)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO