異 18 段 【 R 】


  昔、色事の好きな男に、久しく交わりの絶えてしまった女の所から、こんな歌が贈られてきた。

  
 思ひつつ寝ればや人の見えつらむ  
    夢と知りせば覚めざらましを

         あなたを思いながら寝たので、夢の中であなたが見えたのでしょう
           夢と知っていたならば覚めないでいてくれたらいいのに

(阿波文庫本)


  異本 狩使本  
次の段 終 段(異19)
前の段 前段(異17)
原 文
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO