異 19 段 【S】(終段)


  昔、男が女の所に来て帰るときに、秋の長い夜もあっという間に過ぎてしまって、むなしいものと思われたので詠んだ歌。

  
秋の夜も名のみなりけりあふとあへば
   ことぞともなく明けぬるものを

        長い秋の夜も、ただ名ばかりのものでした
          逢っているときには、これということもなく明けてしまうものですが

(阿波文庫本)


  異本 狩使本  
前の段 前段(異18)
原 文
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO