第95段彦星
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第95段

 昔、二条の后にお仕えする男がいた。同じ后に仕えている女と、いつも顔を合わせていたから、ずっと求婚し続けていた。「何とか物越しにでもいいからお目にかかり、このじれった思いつめた気持ちを、すこしでも晴れ晴れさせたい」と言ったところ、女は、ひそかに人目を避けて、凡帳越しに、七月七日に、逢ったのだった。とりとめない話をお喋りをしながら、男が歌を詠んだ、
  彦星に恋はまさりぬ天の河
    へだつる関をいまはやめてよ

      彦星の苦しみよりも、私の恋の方がまさってしまった
       天の川のように二人を隔てる関を、今はもう、取り払って下さい

この歌に感動して、女は契りを結んだのだった。



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO