第1段(初冠)
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第1段

 昔、ある男が成人したとき、奈良の都の春日の里に自分の領地があったので、狩に出かけていった。 その里には、大変に美しい姉妹が住んでいた。 あの男は垣間ごしにのぞき見してしまった。 思いもかけず、こんな古い都には似合わないほどの美しさだったので、このおとこはうっとりと見とれてしまった。 男は、着ていた狩衣の裾を切り取って、それに歌を書いておくった。 その男は、しのぶずりの文様の狩衣を着ていたのだった。
 春日野の若紫の摺衣( しのぶずり)
  しのぶの乱れかぎり知られず
      春日野の若紫のように美しいあなた方を見て
         この狩衣のしのぶの模様のように、私の心は果てしなく乱れています
と、大人ぶって詠みおくったのだった。 しのぶ摺りの狩衣という偶然が、なかなかかっこいいなあとでも思ったのだろうか。
 陸奥のしのぶもぢ摺り誰ゆゑに
   乱れそめにし我ならなくに
 
    陸奥のしのぶもじ摺りの乱れ模様のように
      一体誰のせいで私の心が、生まれて始めて乱れたのでしょうか
というような歌の趣であった。
 昔の人は、このように即興で、激しい風流を楽しんだものでした。


原 文        解 説


ホームに戻る
SEO [PR] Mtg @₦΍ Yi ^T[o[@SEO