第四十二段( 誰が通ひ路)


 むかし、男色好みと知る知る女をあひ言へりけり。されど憎くはたあらざりけり。しばしばいきけれどなほいと後めたく、さりとて、いかではた得あるまじかりけり。なほはた得あらざりけるなかなりければ、二日三日ばかりさはることありて、えいかでかくなむ。
 出でて来しあとだに未だかはらじを
  誰が通ひ路と今はなるらむ

もの疑はしさに詠めるなり。



   私があなたの家からとぼとぼと来た帰り道には、足跡だってまだそのままあるだろうに
    一体どの男の通い道と、今はなっているのだろう
             
 

語 句


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(四十三)
前の段 前段(四十一)
現代語訳
原文のホーム
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO