第 百二十五 段 (つひにゆく道) 最終段


 むかし、男、わづらひて、心地死ぬべくおぼえければ、
  つひにゆく道とはかねて聞きしかど
   きのふけふとは思はざりしを



最後に行く道とは、かねがね聞いてはいたけれど
  まさか昨日今日のこととは、思ってもいなかったよ

     

語 句


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
前の段 前段(百二十四)
原文・ホームに戻る
現代語訳
原文のホーム
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送