四十七大幣
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第四十七段

 むかし、をとこ、ねんごろにいかでとおもふをんなありけり。されど、このをとこあだなりときゝて、つれなさのみまさりつゝいへる。
  おほぬさの ひくてあまたに なりぬれば
   おもへどこそ たのまざりけれ

かえし、をとこ、
   おほぬさと なにこそたてれ ながれても
    つひによるせは ありといふものを

 

あなたは大幣のように、いろんな女の所に通ったて、引く手数多(あまた)になってしまいましたから

   あなたを好きだと思っても、頼りにすることはできません
大幣という名は評判なのですが、流れ着いたその果てに

   最後の瀬は、あるというのに




語 句


現代語訳
原文のホーム
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO