第 93 段


 昔、男が自分の身分は低かったが、比較できないほど高貴な身分の人に思いをかけたのだった。その女に少しは望みをもってもよさそうな感じであったのだろうか、横になっては思い、起きては思い、思い悩んだ挙句の歌を詠んだ。
  あふなあふな思ひはすべしなぞへなく
   高きいやしき苦しかりけり

       身分の違いなんか考えずに、恋はするものだ
         身分の高い者と低い者との恋は、こんなにも苦しいものなのだ

 昔も、このような身分違いの恋いに苦しむのは、世の道理であったのであろうか。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(94)
前の段 前段(92)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO