第 91 段


 昔、月日の流れ去り行くことまでも嘆く男が、三月の末頃に詠んだ。

  
をしめどもはるのかぎりのけふの日の
   夕暮にさへなりにけるかな

       こんなに名残を惜しんでも春の終りの今日のこの日の
         しかもその日の夕暮れの時までにとうとうなってしまったのだ



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(92)
前の段 前段(90)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO