第 90 段


 昔、冷淡な人をどうにかして逢いたいと思い続けていたので、女は可哀想に思ったのか「それならば明日、物越しでお逢いしましょう」と言ってきたのを、天に昇るほど嬉しく思ったが、また疑わしいとも思ったので、とても美しく咲いていた桜に付けておくった歌のように、
  桜花けふこそかくにねにほふとも
   あな頼みがたあすの夜のこと

      桜の花よ、今日こそは、こんなに美しく、咲き香っているけれど、
       ああ、何とも頼りないことだよ、明日の夜のことが
という不安な気持ちも男にはあるようだ。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(91)
前の段 前段(89)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO