第 84 段


 昔、男がいた。身分は低いけれど、母は内親王であった。


 その母は長岡という所に住んでおられた。子は京で帝にお仕えしていたので、母をお訪ねしようとしたけれど、度々お訪ねするというわけにはいかない。そのうえ、一人っ子でさえあったので、母はとてもお可愛がりになっていた。そうしているうちに、十二月の頃に、「至急」という事で、お手紙が届いた。驚いて見てみると歌があった。
 
老いぬればさらぬ別れのありといへば
    いよいよ見まくほしく君かな

        年老いたならば、どうしても避けられぬ別れがある、ということですから
          ますますお目にかかりたいと思います、愛しい我が子よ

その子は、はげしく泣いて詠んだ。
 
世の中にさらぬ別れのなくもがな
  千代もといのる人の子のため

     世の中に、避けられない別れなんかないほうがいい
      長寿を祈る人の子のために



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(85) 次段 (87)
前の段 前段(83) 前段 (83)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO