第 74 段


 昔、男が女をひどく怨んで歌を詠んだ。
   岩根ふみかさなる山にはあらねど
    逢はぬ日おほく恋ひわたるかな

        私達の間に立ちはだかるのは、岩根を踏んで行くような、重なる山ではないけれど
          私に逢って下さらない日が多く、恋しく思い続けるのです



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(75) 次段(異1)
前の段 前段(73) 初段 (69)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO