第 72 段


 昔、男が、伊勢の国に住んでいた女に、もう一度逢いたいと思っていたのに、二度と逢えないまま隣の国に仕事で行かなくてはならなくなってしまった。逢ってくれない女を男は大変恨んだので、女は詠んだ。

  大淀の松はつらくもあらなくに
   うらみてのみもかへる波かな

     大淀の松は、いえ私は、辛い仕打ちをした訳でないのに
        ただ浦を見ているだけで、寄せては返る波のように、あなたは帰ってしまわれるのですね




原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(73) 次段 (75)
前の段 前段(71) 前段 (71)

異 本
  阿波国文庫本 泉州本 大島本 神宮文庫本 朱雀院塗篭本 為家本
次の段 次段() 次段() 次段() 次段() 次段() 次段()
前の段 前段() 前段() 前段() 前段() 前段() 前段()
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO