第 70 段


 昔、男が狩りの使いから京に帰って来る途中に、大淀渡りに泊まって、斎宮に仕える女の子に歌を詠みかけた。

 
みるめかるかたやいづこぞ棹さして
  われに教へよあまの釣舟

     ミルメを苅る潟はどこにあるのですか、方角を舟の棹でさして
       私に教えて下さいな、海人の釣り舟よ



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(71)
前の段 前段(69)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO