第 7 段


 昔、男がいた。京で生活していく気力も失せ果てた末に東国に行ったのだったが、伊勢と尾張の国境の海岸を行く時に、波がとても白く立つのを見て、

  いとゞしく過ぎ行く方の恋しきに
    うらやましくもかへる浪かな
.

    このようにして過ぎ去って行くと、京の都の方が恋しくなるのに
       うらやましいことに、元へ立ち帰る白波よ

 と詠んだ。


原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(8) 次段(8)
前の段 前段(6)   始
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO