第 61 段


 昔、男が筑紫まで行った時に、「これは色好みの噂の風流人よ」と、簾の中に居る人が言ったのを聞いて詠んだ。
 
 そめ河を渡らむ人のいかでかは
   色になるてふことのなからむ

      染川を渡ろうとしている人が、どうして色に染まらないことがあるだろうか
        みんな染まって、色好みになってしまいますよ

 女の返し歌。
   
名にしおはゞあだにぞあるべきたはれ島
    浪のぬれ衣着るといふなり

        その名の通りなら、本当にいいかげんですよ戯れ島は、いや、「たはれ島」
          波に洗われて、波の濡れ衣を着ているというではありませんか、同じ様に染川も無実です



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(62)
前の段 前段(60)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO