第 59 段


 昔、男が京をどんな風に思ったのだろうか。東山に住もうと思い込んで、詠んだ。
  住わびぬ今はかぎりと山里に
    身をかくすべき宿をもとめてむ

      京は住みにくくなってしまったよ、もうこれが最後と山里に
             我が身を隠す、家を探そう

 こうして、男はひどい病気になって死んでしまったが、顔に水をかけたりしたら、

   わがうへに露ぞおくなる天の河
     と渡る船のかいのしづくか

     天の川が、私の上に露を置いたよ
        川門を渡る、船の櫂の雫だろうか

と言って、息を吹き返したのだった。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(60)
前の段 前段(58)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO