第 45 段


 昔、男がいた。ある人の娘で、親に大切にされていた女が、どうしてもこの男にこの熱い思いを言おうと思った。しかし口に出して言うことが出来なかったからか、病気になってしまい、もう死ぬという時に、「こう思っていたのです」と言った。それを、親が聞いて泣く泣く男に告げたところ、男が急いで駆けつけた。しかし、その女は死んでしまったので、男は物思いに沈み、内にこもってしまった。
  時節は六月の末の大変暑い時で、晩のうちは楽器を奏で、夜が更けから少し涼しい風が吹いてきた。蛍が高く舞い上がる。この男はそれを見て横になった。

  
行く蛍雲の上までいぬべくは
   秋風吹くと雁に告げこせ

      飛んで行く蛍よ、雲の上まで行けるのなら、ここにはもう秋風が吹いていると
        雁に知らせて、来るようにして欲しいものだ


  暮れがたき夏の日ぐらしながむれば
   そのことゝなくものぞ悲しき

      なかなか暮れようとしない、夏の日に一日中外を眺めていると
         女が死んだことなのか分からないが、何となく悲しいものだ



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(46)
前の段 前段(44)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO