第 43 段


 昔、賀陽親王という親王がいらした。その親王が、女をお思いになって、とても愛おしんでお使いなさったが、ある別の男がその女に言い寄ってきた。親王は自分一人だけが好いていると思っていたけれど、別の男がそれを聞いて手紙をおくったのだった。別の男は、ほととぎすの絵を描いて、
  
ほととぎす汝が鳴く里のあまたあれば
   なほ疎まれぬ思ふものから

      ほととぎすよ、お前が泣く里がたくさんあるように、ずいぶん色々な人にあなたは鳴いていたのですから
        やっぱりお前が嫌になってしまうよ、恋しいと思ってはいるものの、やはり嫌ですね

と言った。この女はご機嫌をとって詠んでやった。
 
 名のみ立つしでの田長は今朝ぞ鳴く
   庵あまた疎まれぬれば

     「死出」などと良くない名だけ立つ、「しでの田長」いやほととぎすは、今朝は悲しんで鳴いています
        住み処が多すぎてあちこちで鳴いていると、あなたに嫌われたので

時節は五月のことだった。男は歌を返した。
  
庵多きしでの田長はなほ頼む
   わが住む里に声し絶えずは

      住み処の多い「しでの田長」でも、やっぱり頼りにしています
           私の住む里に、絶えず声をかけて鳴いてくれるなら



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(44) 次段 (77)
前の段 前段(42) 前段 (39)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO