第 33 段


 昔、男が摂津の国菟原の郡という所に通っていたが、その女は、今度帰っていってしまったら、もう二度とは来ないだろうと思っている様なので、男は詠んだ。

  芦辺より満ち来る潮のいやましに
   君
に心を思ひますかな

     芦辺から満ちて来る潮が、ますます増してくるように
       あなたへの思いは、ますます増してくるのです

 女の返し歌。
 
こもり江に思ふ心をいかでかは
  舟さす棹のさして知るべき

   深く入り込んだ入江のように、心の隅で思っているあなたの心を
     どうして舟を差して操る棹である私が、どうしてはっきり指して、知ることができるでしょうか

 田舎者の詠んだ歌としては、こんなものだろうか、それとも駄目だろうか。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(34)
前の段 前段(32)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO