第 32 段


 昔、口説いたことのある女に、何年も経ってから、
  
古のしづのをだまきくりかへし
   昔を今になすよしもがな

     大昔の、しづという、 織物の糸を巻き付けるオダマキクルクルと回して繰り返すように
       もう一度昔を繰り返して、今にする術があればなあ


 と言ったのだけれど、女は何とも思わなかったのだろうか。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(33)
前の段 前段(31)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO