異 16 段 【 P 】


  昔、歌の好きな者たちが集って歌を詠んだときに、 「かわたけ」を、ある男が詠んだ。

  
小夜ふけてなかばゆく久かたの
   月吹きかへせ秋の山風

         夜がふけて、空の半ばを過ぎて行く月を
           もとに吹き返しておくれ、秋の山風

(泉州本 )


  異本 狩使本  
次の段 次段(異17)
前の段 前段(異15)
原 文
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO