異 10 段 【 J 】


  昔、男がなんとはなしに道を行き進むと、駿河の国の宇津の山の入口に着いた。自分が分け入ろうとする道は、すごく暗くて細く、蔦や楓が茂り、ひどく心細く思えた。これは、とんでもない目に会うかも知れないなと思っていると、そこから出てきた人に出会った。「どうしてこのような道で、お逢いするのでしょうか。」と言うので、見るとそれは知人であった。それで京に、あの女のところに届けてほしいと思って、手紙を書いて頼んだ。
 
 中空に立ちゐる雲のあともなく
   身のいたづらになりぬべきかな
        空に立ちはだかる雲が、あっと言う間に跡形なく消え失せてしまうように
          私の身もむなしく消えてしまいそうです

と歌を付けた。このようにして女のことを思いながら行き、
  駿河なる宇津見の山のうつつにも
   夢にも人に逢はぬなりけり

        駿河の宇津見の山にこうして来てしまいました
         現実の世界でも夢の中でも、あなただけでなく、誰一人会わないのでした
 

と思いながら進んで行ったのでした。

(小式部内侍本)


  異本 狩使本
次の段 次段(異11) 次段(異11)
前の段 前段(異9) 前段(異9)
原 文
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO