異 1 段  【A】


  雨が一日中激しく降り続き、次の朝もまだひどく降っているとき、ある人のもとに歌を贈った。
  
降り暮らし暮らしつる雨の音をつれ
    亡き人の心ともがな

        降りつづけ降る雨の音のように、 訪れつづけるのが、
          情けのない冷たいあなたの心であってくれればいいのですが

返しの歌、
  
ややもせば風に従ふ雨の音を
   絶えぬ心にかけずもあらなむ

       どうかすると、風によって雨の音は変わりますが
         その雨の音を、たえず変わらない私の心に、引きかけないでほしいのです

(阿波文庫本)



  異本 狩使本  
次の段 次段(異2) 次段(111)
前の段 前段(74)
原 文
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO