第 2 段 (眺め暮しつ


  昔、男がいた。 都が奈良から移ったこの平安京で、人家がまだ整理されていない頃、西の京にある女性がいた。 その女性は、普の女性とは比較にならないほど優れていたのである。 それは外見より心の立派な人であった。 彼女の元に通う男がいたようだからひとり身ではないようであった。 それを例のまめ男が彼女と親しく語らい合い、家に帰ってきたのである。 それからは一体どうなったのだろうか、時は三月初旬、春雨のしとしと降る中を、こんな歌をおくったのだった。

   起きもせず寝もせで夜を明かしては
       春のもととて眺め暮しつ

        起きるのでもなく寝るのでもなく、胡蝶の夢のように一夜を明かした末
          昼はまたぼんやりと、春の季節ならではの長雨を眺めて、一日を過ごしてしまったのです


原 文        解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(3) 次段(3)
前の段 前段(1)   始
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO