第 16 段


 昔、紀有常という人がいた。 仁明・文徳・清和の三代の帝にお仕えして栄えていたが、その後は世が代わり時勢に取り残されてしまい、世間以下におちぶれてしまった。人柄は心がきれいで高貴なことを好み、他の人とは全く違っていた。貧しく暮らしていても、やはり昔の栄華の時の心のままで、世間の日常のことも知らなかった。
 長年連れ添ってきた妻が、だんだん夫婦の関係もなくなりとうとう尼僧になり、姉が以前に尼となった所へ行くのを、男は本当に仲がよかったことはなかったけれど、「もうこれが最後です」と言って出て行くのを大変悲しく思ったけれど、貧しさゆえ餞別を送ることができなかった。思い余って何でも話せる親友の所に、「
これこれの事情で、これが最後と言って妻が家を出て行きますが、なんにも、ちょっとしたことでも出来ないので、行かせますことには・・・・」と書いて最後にこう詠んだ。

 
 手を折りてあひ見しことを数ふれば
   十といひつゝ四つはへにけり 
 

   指を折って共に暮らした年月を数えてみる
    十が四回の四十年も経っているのです

 その友人はこれを見て可哀想に思い、夜具までも贈って、歌を詠んだ。
 
年だにも十とて四つは経にけるを
  いくたび君を頼み来ぬらむ
 

     年を数えても四十年もの月日を共にすごしたのだから
        彼女は何度もあなたを頼りにしてきたのでしょう

 こう言っておくったところ、男は、
  これやこの天の羽衣むべしこそ
   君が御衣と奉りけれ  

      これがあの、天の羽衣というものだろうか
         あなたがお召し物として、お召しになったものなのですね

と読み、喜びに我慢ができなくなって、もう一首詠んだのだった。
  秋や来る露やまがふと思ふまで
   あるは涙の降るにぞありける 

     秋が来て、露と見間違えるほどに
      袖も濡れているのは、うれし涙が降り注ぐからなのです



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(17)
前の段 前段(15)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO