第 15 段


 むかし、陸奥の国で、どうという事のない普通の人の妻のもとに通ったのだが、不思議なことに人の妻であるようなふうにはみえない女だったので、男は詠んだ。
  
しのぶ山しのびて通ふ道もがな
   人の心の奥も見るべく  

    しのぶ山の名のとおり、忍んであなたのもとに通う道があったらいいのだが
      あなたの心の奥底をも見るために

 女は男を、とても素晴らしいと思ったけれど、男がそんな田舎者の女の野暮な心の奥を見て、一体どうしようというのか、どうしようもないではないか。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(16)   終
前の段 前段(14) 前段(14)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO