第 13 段


 昔、武蔵の国の男が、京にいる女のところに、「武蔵の女性と親しくしているとお話しするのは恥ずかしいし、でもお話しなければ苦しいのです」と書いて、手紙の上書に「武蔵鐙(むさしあぶみ)」と書いて送った後に、ふっつりと便りが絶えてしまった。それで、京から女が、


 武蔵鐙さすがにかけて頼むには 
  問はぬもつらし問ふもうるさし 

     武蔵鐙サスガに掛けて止めるように、流石にあなたを頼りにしている私には、
       なぜお便りを下さらないのと責めるのも辛いし、でも便りを下さるのも煩わしいし

と書いてよこしたのを見て、男はひどく堪え難い悲しみに襲われたのだった。

  問へば言ふ問はねば恨む武蔵鐙
   かゝる折にや人は死ぬらむ
  

        武蔵鐙が掛かるように便りを出せば文句を言うし便りを出さなければ怨まれる
         こんな時にこそ苦しみの果てに人は死んでしまうのだろうか


原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(14) 次段(14)
前の段 前段(12) 前段(12)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO