第 118 段


 昔、男が、長い間便りも出さないで、「あなたを忘れる気持ちなどありません。近いうちにお伺いします」と言ってきたので詠んだ。

 
 玉葛はふ木あまたになりぬれば
   絶えぬこころのうれしげもなし

      玉かづらが這いまわる木が沢山にあるように、あなたが通うところが沢山あるので
        絶えない気持ちと、おっしゃるあなたの心が、私にはちっとも嬉しくありません



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(119)
前の段 前段(117)

ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO