第 111 段


 昔、男が身分の高い女のところに、亡くなった人を弔うような格好で、言って贈った。

 
 古はありもやしけむ今ぞ知る
  まだ見ぬ人を恋ふるものとは

     昔はこんなことがあったでしょうが、今はじめて知りました
      まだ見たこともない人を、恋するものだと

女の返し歌。
  
下紐のしるしとするも解けなくに
   かたるが如はこひずぞあるべき

       ひとりでに解けるのが下紐の恋の証拠だといいますが、その下紐も解けませんから、
         あれこれおっしゃる程には、私を恋い慕ってはいらっしゃらないのでしょうね

また、男の返し歌。
 
 恋ひしとはさらにいはじ下紐の
   解けむを人はそれと知らなむ

      あなたが恋しいと、もうそれ以上言うのはやめましょう
        もうすぐ下紐が解けるでしょうから、あなたは恋い慕われていると知って下さい



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(112) 次段(115)
前の段 前段(110) 前段(異1)

ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO