第 11 段


 昔、男が、東国に行ったのだが、友人達に旅の途中から詠み送った。



 
忘るなよほどは雲居になりぬるとも
  空ゆく月のめぐりあふまで

     空の雲ほどに遠く隔たってしまっても忘れないで欲しい
          空を進む月が巡り回って元の所に来る様に我々が再びめぐり逢うまで



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(12)   終 次段(12)
前の段 前段(10) 前段(73) 前段(10)

ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO