第 106 段


 昔、男が、親王たちがブラブラと遊び歩いていられる所にお伺いして、龍田川のほとりにて詠んだ歌。

 
 ちはやぶる神代もきかず龍田川
   からくれなゐのに水くゝるとは

       不思議なことの多かった、そんな神代でも、聞いたことがありません
         龍田川の水を深紅色に、括り染めにするとは



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(107)
前の段 前段(105)

ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO