第 105 段


 昔、男が「こんな有様では、私は死んでしまいます」と言って贈ったところ、女は、

  
白露はけなばけななむ消えずとて
   玉にぬくべき人もあらじを

          白露は、消えてしまいたいのならどうぞ、勝手に消えてしまって下さいな
           たとえ消えなかったとしても、それを玉として、糸を通そうなどとする人などもいないでしょうから

と言ったので、男は非常に無礼なやつだとは思ったけれど、女に対する愛情はますます深くなるのだった。



原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(106)
前の段 前段(104)

ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO