第 104 段


 昔、特別の理由もなくて尼になっている人がいた。姿を尼の出家姿に変えてはいるけれど、好奇心が旺盛であったので、賀茂の祭りを見物に出かけたところ、男が歌を詠んで贈った。
  
世をうみのあまとし人を見るからに
   めくはせよとも頼まるゝかな

       世を疎んで尼となったあなたを、海の海女と見るからには
         海藻を食わせよとも、目くばせせよとも、あなたの恋の心をあてにしてしまいます

これは、斎宮が見物されていた車に、このように歌を差し上げたので、斎宮は祭りの見物を途中で止めて、帰ってしまわれたということです。




原 文         解 説


  定家本 狩使本   在原業平 藤原高子 伊勢斎宮 東下り
次の段 次段(105)   終
前の段 前段(103) 前段(102)
ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO