第97段四十の賀
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第97段

 昔、堀川のという方がいらっしゃった。四十の賀が、九条の家で催されるに、中将であった老人が詠んだ。
  
さくら花散りかひ曇れ老いらくの
    来むといふなる道まがふがに

      桜の花よ、一面に散り乱れて、あたりを暗く曇らせて欲しい
        老いが来るという、道が紛れて分からなくなるはずだ



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO