第92段棚なし小舟
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第92段

 昔、恋しさに男が女の家に何度もやって来ては帰るのだけれど、女に手紙を渡すことできずに歌を詠んだ。

 
 葦べ漕ぐ棚なし小舟いくそたび
   行きかへるらむ知る人もなみ

        葦の水辺を漕ぐ、棚なし小舟は、一体何回、
          行ったり帰ったりするのだろう、それに気づく人もいない



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO