第86段目離れせぬ雪
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第85段

 昔、男がいた。子供の頃からお仕えしていたご主君が、剃髪して出家してしまわれた。男は、正月には必ずお訪ねした。男は朝廷にお仕えしていたので、いつもいつもお訪ねするわけにはいかなかった。しかし仕事の気持ちを失わずにお訪ねしたのでした。いまだに昔お仕えされていた人たちが、普通の人、出家した人、大勢のひとが集まって、正月だから特別にということで、ご主君がお酒をくださった。お酒をこぼすように、雪が激しく降って、一日中止まない。一同雪に降り篭めるれている」というのを題にして、歌を詠んだ。 

 
思へども 身をしわけねば めれせぬ
   雪のつもるぞ わが心なる

      あなた様にお仕えしたいと、思っていますが、私の目の涙が枯れません
       このように雪が高く積もることは、少しでも長くおそばにいられて、これこそ私の本望です

と詠んだので、親王は、大変に深く感動して、着ていたお衣を脱いで男に下さったのである。

 


原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO