第75段大淀の松
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第72段

 昔、男がいた。伊勢の国に住んでいた女が、またの忍び合いも出来ないままに、男は隣の国に行くというので、男は大変恨んだので、女は詠んだ、
  
大淀の松はつらくもあらなくに
    うらみてのみもかへる波かな

   大淀の松は、いえあなたを待つ私は、辛い仕打ちをした訳でないのに
      ただ浦を見ているだけで、寄せては返る波のように、あなたは帰ってしまわれるのですね


原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO