第74段海松
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第75段

 昔、男が「伊勢の国に一緒に行って、そこで暮らそう」と言ったところ、女は、
  
大淀の浜に生ふてふみるからに
   心はなぎぬかたらはねど

      大淀の浜に生えているという、ミルではありませんが
       私はあなたを見るだけで、心は穏やかになりますよ、契りあわなくても

と言って、以前にも増して冷淡であったから、男は詠む。
 
袖ぬれてあまの刈りほすわたつみの
  みるを逢ふにてやまんとする

     袖を濡らして、海人が刈って干している大海のミルのように
      見ることを逢うことに代えて、あたなはもう終わりにしようというのですか

女は、
 
 岩間より生ふるみるめしつれなくは
    汐干汐満ちかひもありなむ

      岩間から生えるミルメが、そのまま変わらずあったならば
        潮が引いても満ちても、きっと貝の付くことがあるでしょう

と。また男が、
  
涙にぞぬれつゝしぼる世の
    つらき心は袖のしづくか

      涙に濡れながら、袖を絞っています
        あなたの中の冷淡な心は、私の袖のしづくのようです

と詠んだ。世にも逢うことのむつかしい女であった。


原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO