第73段重なる山
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第74段

 昔、男が女をひどく怨んで歌を詠んだ。
   岩根ふみかさなる山はへだてねど
     逢はぬ日おほく恋ひわたるかな

        私達の間に立ちはだかるのは、岩根を踏んで行くような、重なる山は境はないけれど
          私に逢って下さらない日が多く、恋しく思い続けるのです



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO