第58段荒れたる宿
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第58段

 昔、気のきいた好色家の男が、長岡という所に家を造って住んでいた。そこの隣にいた皇女様で、この上ない女たちがいたが、ここが田舎なので男が田を刈ってやろうとしているのを見て、「あら、風流な人のすることだわね」と言って集まって来たから、この男は逃げて奥に隠れてしまった。女が、
 
荒れにけりあはれいく世の宿なれや
   住みけむ人のおとづれもせぬ

      荒れてしまっていますね、一体何代たった家なのでしょうか
       住んでいる人が返事もしないのですかね

と言ったので、          
 
葎おひて荒れたる宿の寂しさ
  かりにも鬼の集くなり

     葎が生い茂り、荒れたこの家の寂しさは
        稲刈りしている時だけど、鬼がたくさん集まって騒がしいです

と言って、その歌を女に差し出した。してやられたこの女たちが、「じゃあ、落ち穂拾いをしましょうよ」と言ったので、男は詠んだ。
 
うちわびて落穂ひろふときかませば
  我も田面にゆかましものを

     おちぶれて、落ち穂を拾うというのならば
         私も田の辺りに、手伝いに行っただろうに



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO