第46段うるはしき友
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第46段

 昔、男にはとても誠実な友人がいた。一時の間でも離れることなく親しくしていた。月日が経って、その友人が送ってきた手紙に、 

 「本当に呆れるほどに、あなたに逢えないまま月が経ってしまいました。もうお忘れになってしまったのではなかろうかと、とても心細く思っています。世間の人の心というものは逢わないでいると忘れてしまうもののようですが。」

と書いてあったので、歌を詠んで送ってやった

 
目離るともおもほえなくに忘らるゝ
  時しなければ面影にたつ

     あなたにお逢いしないでいるとは、私には思えません
      忘れてしまう時がないので、あなたの姿がはっきりと見えます



原 文         解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO