第3段ひじき藻
 ・・・阿波国文庫本

定家本 第3段

 昔、男がいた。思い恋がれた女性の元に、ひじき藻という海藻を贈るついでに、歌を付けました。
 思ひあらば葎の宿にねもしなむ 
   ひじきのものには袖をしつゝも 

     私を本当に思ってくれるならば葎の生い茂る粗末な家でも、一緒に寝て欲しいのです
       
ひじき藻ではないが、引き敷いたものには袖をしてでも

 二条の后が、まだ帝にもお仕えしないで、普通の身分の人でいらっしゃった時のことでした。


原 文        解 説


ホームに戻る
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO